menw-01.jpg トップページ 新着情報 法令規約 マンション管理 防犯防災 センター案内 掲示板 メールマガジン リンク サイトマップ
マンション管理と運営

マンションの電気施設
マンション管理マニュアル引用
電気系統の図
 マンション内で使用される電気は、電力会社から供給される電気を、トランスでそのマンションの規模に合わせた容量に調節して、建物内部や屋外施設に供給します。

その配線の概要は、上図に示しましたが、図の中の記号・番号についての名称は次のとおりです。

    S・・・信号
    L・・・照明器貝
    F・・・ファン
    P・・・ポンプ
    M・・・各戸メーター
    E・・・非常ベル
    B・・・ブレーカー
    C・・・コンセント
    EM・・エレベーター動力
    @・・・受水槽
    A・・・高置水槽
    B・・・エレベーター制御盤
    C・・・エレベーター
    D・・・防犯ベル
    E・・・火災警報盤
    F・・・制御盤
    G・・・電灯盤
    H・・・動力盤
    I・・・トランス(※60〜80戸以上の場合50KVA以上に設定される。
                  電力会社への貸室として設置される)


 電力会社とマンション管理組合のどちらが、どこを管理するのかの区分は次のようになっています。
 貸室がある場合は、管理区分の境と管理及び修繕の負担など扱いを明確にした「覚書」または「契約」を、電力会社とマンション管理組合の間で取り交わしておきましょう。

┌───電力会社────┐


   引込み線・トランス


┌───マンション管理組合───┐

   建物内部や屋外の
       ・住宅照明
       ・階段照明
       ・エレベーター
       ・給水施設
       ・汚水処理施設
       ・屋外照明
        

 なお、専有部分内にある配線そのものやコンセントなどの末端機器類は、各区分所有者の専有に属すると解釈されていますので、修繕は各区分所有者の貴任において実施することになります。

 住戸の使用容量増加への変更する場合は、共用部分である電気幹線になんらかの影響がでることがありますので、管理組合に届け出るようにした方が良いでしょう。

著作表示ページ不許複製。記事内容は予告なく変更する場合があります。
このHPは 1024×768 以上でご利用下さい。